充電完了!!

昨日は うるう年の 2月29日。


娘にそんな話をしたら、「同級生に2・29日生まれのこがいたよ~」 と聞き、

娘はうるう年の申年生まれだったんだな~と思って、さらには孫もうるう年の申年生まれだな~

なんてふと思い、4年に一度のうるう年も親近感がわいてきました。



さて、2月後半は、まったくパッチワークやミシンから離れて、しっかりと充電期間にあてました~。


電子書籍や図書館で借りた本、自分で購入した本・・・ たっくさんの本を読みました~。



本を沢山読んだけど、改めて今の自分が自然と欲した本が集まってきたんだなと実感!!


以前読んだ、美術史にお詳しい、原田マハさんの「モダン」という本が面白くて、

原田マハさんの本を図書館で数冊選んで読破して びっくりポン!!



ピカソとマティスのお話だったり・・・ドガの踊り子のお話だったり・・・

タンギー爺さんのお話だったり・・・モネのお話だったり・・・



私自身の気分は充電中だったにももかかわらず、デザイン中の名画キルトつくりの

画家のお話だったので思わずドキッ!!


レオナールフジタ画伯なみに、ほかの画家たちの一生も、もっと追ってみたくなりました。


この本の感想をインスタにあげたところ、パリの老舗リトグラフ工場 idem にお勤めの方が、

ポチっとして下さいました。


そこへ飛んでみたところ、なんと工場が移り 「ここで数々のリトグラフが刷られたのか~」と、

今の時代も変らず動く機械に興奮し、その日はなかなか寝付けませんでした(笑)



このidem工場が 物語の舞台になっているという、原田マハさんの新刊

 「ロマンシエ」 を即購入して読破。
 


いきなりレオナールフジタ画伯のリトグラフシーンから始まり、出てくる地名が、

フジタ画伯を通して知った、フランスの場所ばかりで、物語りの中に私が入り込んでいく感じで

楽しい楽しい読書の時間でした。


上京中に、同時開催中の展に行けなかったのが残念ですが、

このリトグラフ工場に出会えて超ハッピー!!

リトグラフってこんな風に作られるのね~と、本とidem工場さんに詳しく教えて頂きました。



読書後、ホテルを探したら、まるでフランスのホテルのような銀座のホテルに出会ったのでした~。


読書もあきて、録画がたまった韓ドラみたら、またまたフランスが舞台。

私の頭の中は、自分が思う以上にフランスでいっぱいなんだろうな~と感じた充電期間でした。


休んだことで思いがけないご褒美をもらえた気分です。



フランス フランス フランス ~   おフランス。  


ご縁のあるお国のようです!! 


さあ、3月 気合いれてハード月間を乗り切るぞ~。

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する