お教室:ハワイアンクラススタート ウルの木

本日よりハワイアンキルトに特化した初心者向けクラスがスタートしました。

初めての作品はコースター(ハンド)になります。



フラダンスを習われている方達なので、ハワイアンモチーフに人一倍囲まれていると思いますが


どんな風にデザインができていくか、生まれたデザインのバリエーション展開、

様々な手法を軽く説明させていただいてハンド実技。

デザインはウルの木(パンの木)

このデザインを起こす時、デッサン教室の先生の声が聞こえてきました。


「対象物をよくよ~く観察すること」

あの果実どんな味がするんだろう~と、特徴の葉と実を感じながらデザインしました。





ミニミニモチーフを使って、まつり縫いやU字、とんがりのコツを学んで頂きました。

初めての針仕事でも とっても楽しそうにチクチクされていたので嬉しかったです。




基本のハンドを学びながら、ミシンで遊んだり、スキャンカットを使ったり

ハワイアンデザインの楽しい作品作りのお手伝いをさせて頂きます。

宿題が沢山出ています。 頑張って下さいね~。



それにしてもブラザーさんのスキャンカット、本当に手芸が楽しくなるお道具ですね!!

まだまだ使いこなせてないのですが友達になるぞ~。



3ヶ月限定のオーチョーミシンさんでの講習も、ハワイアンデザインを一部使いますが、

ハンドではなく、スキャンカットやミシンを使っての講習になります。

告知までいましばらくお待ち下さいませ。


自宅クラスはどのクラスも3名~4名の少人数でレッスンしています。

物作りにご興味がありましたらいつでもお声がけ下さい。


本日はハワイアンクラスの様子をお伝えさせて頂きました。


さあ、切り替えて自分の大作作業だ~。

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する