楽しみなランス美術館展 続き

昨日、ひろしま美術館で、2/11から開催の展が楽しみだと書いたら、


今朝の地元新聞に大きく取り上げられていてびっくり。



近年になって遺族から寄贈された、教会の下絵やステンドグラスの実寸大の下絵が見れるそう。

下絵や素描って完成作品より、ゾクゾクします。

80才にして初チャレンジの作品の過程が観れることに感謝です。

数日布待ちの間、レオナールフジタ画伯を中心に1920年代を遡って調べていました。


同じ資料を、何度も読んで眺めて来ましたが、自分の知識が増えるにつれ、

点と点が、今、線になる面白さ。

好きなことを追求する楽しさを味わっています。


上京間近。なんとか時間を作ってパワーを頂きに行きたい!!


ギリギリにならないと、追い込めない自分を手放したいと思うのですが...


またギリギリ( ̄▽ ̄)

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する