Read more

お粥

孫が来る日は、お粥をお米からグツグツお鍋で炊くのですが…今日は風邪っぴきの自分のために炊きました。食べたい物はないかと聞かれ、「お粥」と言ったら「それはできん」と(笑)梅干しの塩気だけで食べたお粥の美味しいこと。高岡漆器のQUILT盆にのっけただけで気分が上がります。ポカリ飲むのがやっとだったけど、お粥がたべれたので良しとします。皆様もお体にお気をつけください。...

Read more

パートナーシップキルト

キルトの祭典も早いもので今日が最終日ですね。パートナーシップキルト、今年は私は不参加でしたが、6名の生徒さんが参加しました。朝一に入場して人が多くなる前に、みんなのキルト撮影が任務。生徒さんのパターンが写っているキルトを掲載します。1番23番27番47番51番56番今年はパターンが15㎝四方になったので、キルトが小さくなったかな~と想像してましたが、従来通りの印象の可愛いキルトになっていました。ホッとするコーナ...

Read more

1月:東京 銀座ギャラリー巡り

この度のドーム鑑賞では、素敵な力作を沢山拝見しているうちに、頭がクラクラしてきて、途中からこの人混みの中、客席で休んでました。目立たないようにポツンと座ってたつもりですが、すぐにバレたようです(笑)おかげで楽しいおしゃべり時間になりました。ランチ後、とみママさんと一緒にレッスンでお勧めして頂いたギャラリー巡りへ。リクルートギャラリーについて、中村至男氏のこの作品を眺めた時、疲れた頭が癒されるようでし...

Read more

1月: 東京ドーム 嬉しいサプライズ

1/19 20 の東京2日間。学びに東京キルトフェスティバルにと、楽しい2日間になりました。我が子との再会。下の額絵の方の12ヶ月がとっても可愛かったです。東京ドームホテルでランチ中、こんな素敵なケーキが「おめでとうございます~」の声とともに運ばれてきました。なんと、とみママさんからのサプライズプレゼントでした。お祝いにランチをごちそうして頂くだけで嬉しかったのに…感激して言葉を失うほどでした。スタッフの方が...

Read more

額絵 ピースワーク

おはようございます。早く目覚めて暇なので…額絵の制作途中写真でも。背景が白一色で、完成品からは分かりにくいのですがこんな風にピースワークしています^ ^昨日の夜、お仲間と美味しいお食事をしながら、作品集を一足先に拝見しました。あの額絵作品の中で、このシンプルに徹した作品が、よくぞ残ってくれたと嬉しくなりました。50センチ以内の額絵部門って、本当に面白い部門です~。昨日はキルターズスタジオのお教室初めでし...

Read more

東京国際キルトフェスティバル 額絵キルト作品

東京国際キルトフェスティバル。  今年もこの季節がやってきました。自分の表現したい世界を、楽しく創りあげる事ができた額絵がおかげ様で入選することができました。皆様にご覧になっていただける日が来てうれしいです。 2017年 日本キルト大賞 額絵キルト入選作品  そぎ落としてそぎ落として作った、引き算の作品です。東京から帰ってきたら製作の裏話でもさせてくださいね。ありがとうございました。そしてどなた様もお...

Read more

名刺

数年前、たくさんの人と出会う東京国際キルトフェスティバルの場で名刺を持ってなくて困った事がありました。ミシンがけしながらその事を思い出し…名刺を確認したら旧ブログアドレスが掲載されていたので、あわてて作り直しました。既存のテンプレートを使いながらも、自分らしくできないものか…シンプルにするつもりが、色変えたりフォント変えたりしてたら派手に。宿題中なのに、あっという間に1時間越え(汗)以前頂いたミシン...

Read more

88

見たことも作ったこともない巨大サイズ。一辺 88㎝の文字を作っています。巨大サイズにしたら、絶対かっこいいだろうな~~と思って。今のところ、超かっこいい(笑)このかっこよさがキルトでキープできるか??88㎝の文字キャンパスに描く絵を模索中。数日間、88…88…88… と88の数字とにらめっこでしたが、何も考えてなかったけど、末広がりのいい数字じゃんね~~。伝統的でありながらアバンギャルドで… 大胆だけど繊細で…豪快だ...

Read more

初雪

年に一度降るか降らないかの雪。今朝起きたら、西日本のこちらも約10㎝の積雪。積もりたての雪はフワフワ~。白銀の世界にのぞく太陽が、お月様のようで綺麗な朝でした。明日から上京する娘達。大雪予想で、我が家に前泊しています。どうか昼間にとけますように。美しい景色なのに、雪に弱いこの辺では雪は敬遠されます。年に一度あるかないかの貴重な雪景色。 みんなで写真でも撮ろうかな~。...

Read more

パース

孫の絵本を借りに隣町の図書館へ。ついでに私の好きなコーナーへ。本を手に取るとき。まずは背表紙にある言葉に惹かれて、パラパラするわけですが…その単語自体を知らなければ、その本に気付かなくもっと言えば、そこに自分の意識が向かっていなければ気付かない。毎回毎回その前を通っていたのに素通り。ぶらぶらみてただけなのに、パースという単語を知ったから引き寄せた昨日。これがなかなか面白い。この時期のセンター試験。 ...