Read more

ひろしま美術館 ルター聖書と活版印刷展

家族の用事で出かけた昨日。大好きな名画達にに会いたいと30分だけでもと、ひろしま美術館へ。ヴラマンクの特別展が11/3からなので、常設展だけでもいいからと足を運ぶと、なんとこんな特別公開が迎えてくれました。地元の広島経済大学図書館所蔵のコレクションがすごすぎる。印刷術の創始者グーテンベルグが発明した活版印刷術によって初めて印刷されたラテン語聖書ほか貴重なコレクションの数々を間近で見る事が出来ました。フ...

Read more

ぶらぶら美術館 厳島神社とひろしま美術館

先週のぶらぶら美術館の放送が、地元 厳島神社とひろしま美術館の回でした。ひろしま美術館カテゴリーを作るくらい大好きな美術館です。客観視でき、なおかつ知らなかった情報もあって貴重な回となりました。私の大好きなピカソの息子を描いた絵は、最後までピカソが手放さなかった絵の1枚でもあったそうです。小木さんがこの美術館は「わかりやすくていい」と言っていましたが、そのわかりやすさと親しみ安さが、多くの人を魅了...

Read more

ひろしま美術館 まるごと一日シャンパーニュ

2月3月と2度にわたり、ひろしま美術館でランス美術館展のイベントがありました。昨日はまるごと1日シャンパーニュというイベントに参加。レオナールフジタ画伯のお話が少しと、シャンパーニュというスパークリングワインの正しい知識を教えて頂き試飲。レオナールフジタ画伯が眠るランスの礼拝堂は、シャンパーニュメーカーGHmumm社の敷地内にあるそうです。このGHmumm社の会長がパトロンとなって、資金と敷地を提供して下さり画伯...

Read more

ランス美術館展行ってきました!!

楽しみにしていたランス美術館展の初日にかけつけました。展初日に行ったのは初めてで、関係者や報道陣、中高生の団体がいる、初日ならではの空気感を味わうことができました。駆け足で見たあと、1時間のギャラリートークを聴講。アンリヴァニエ氏の遺贈のコレクションの話を中心とした、フランス絵画の歴史と見所を聴いて再鑑賞。おかげさまで、フランス絵画の歴史とうんちくが増えました。フジタ画伯にまつわるのギャラリートー...

Read more

楽しみなランス美術館展 続き

昨日、ひろしま美術館で、2/11から開催の展が楽しみだと書いたら、今朝の地元新聞に大きく取り上げられていてびっくり。近年になって遺族から寄贈された、教会の下絵やステンドグラスの実寸大の下絵が見れるそう。下絵や素描って完成作品より、ゾクゾクします。80才にして初チャレンジの作品の過程が観れることに感謝です。数日布待ちの間、レオナールフジタ画伯を中心に1920年代を遡って調べていました。同じ資料を、何度も読んで...