Read more

裸婦制作話(4) 実寸サイズで試作するしかない!!

オリジナル裸婦デザイン。グラフィックデザイン風に描こうと方向転換したものの4文字分の裸婦デザインが出来るまでが大変でした。こんな風な ぽっちゃり裸婦バージョンをデザインしている頃私の行く先々でフェルナンドポテロのぽっちゃりブロンズに会ってびっくり。頭の中が ぽっちゃりで一杯だったから、意識が引き寄せたと思いますが高知の美術館で会って、すぐに埼玉の美術館で再び出会った時は、私の引き寄せ力は半端ないと思...

Read more

裸婦制作話(3) フジタ画伯の絵にこだわる日々

ロシア構成主義風の文字入りキルトトップに入れるキルト画。当初はレオナールフジタ画伯の絵のデフォルメバージョンでいこうと思っていました。ある日の光景。大好きな画伯の本や資料から何かヒントがないか、調べてたら朝が来た日。画伯の絵から自分の線を求めて、描いて描いて朝が来た日。朝がくるまで夢中になるような日は、滅多にないのですが、「あっ、朝が来てしまった」と写真を撮った記憶があります。夢中になっている時の...

Read more

裸婦制作話(2) 巨大文字 ほか

赤白黒でロシア構成主義的なカッコいいキルトを作る!!と決めると今までキルトの世界で見たことのない、巨大文字に挑戦したくなりました。縫うことより画用紙に色を塗り、実寸サイズでデザインする事からスタート。ただ、SNSを通して世界中のキルターさん達に作品を見て頂ける時代に障子の桟に浮かぶイメージの英文字を英訳のNUDEか日本人にしかわからないローマ字読みのRAFUにするか一瞬だけ迷いました。が、決め手はRとA。長体...

Read more

裸婦制作話 (1) ロシア構成主義

普段 制作中の作品はタイムリーには書けないため、少し時間が経った今、今年の東京国際キルトフェスティバルで発表することのできた作品達の制作話を数回にわたって書いてみたいと思います。2つの作品は姉妹作品!! 創作キルト「裸婦」作る過程で出た大量の習作を練り直した物が額絵の「横たわる裸婦」キルターズスタジオに在室して2作目の大作作り。欧文書体入りの作品を作るにあたり閃いたアイデアが、ロシア構成主義と巨大文...

Read more

カーブ定規の凹凸ライン

カーブ定規の凹凸ライン。ラインでカットしてみるとどこかで見た景色。巨大なAのキャンパスに書いた自作の裸婦 に似ている事に気づく。でっぱりはおっぱいにもお尻にもなる!!と横から見たラインを超シンプルに描いたものです。ドームでお披露目できた大作の裸婦(RAFU)の文字は長体。コンデンス(細みの書体)欧文書体について初めて学んだ頃が懐かしいです。個人的にどんなフォントでも長体が好きです。コンデンス(細っちょ)やエ...