ぶらぶら美術館 厳島神社とひろしま美術館



先週のぶらぶら美術館の放送が、地元 厳島神社とひろしま美術館の回でした。



ひろしま美術館カテゴリーを作るくらい大好きな美術館です。



客観視でき、なおかつ知らなかった情報もあって

貴重な回となりました。



私の大好きなピカソの息子を描いた絵は、

最後までピカソが手放さなかった絵の1枚でもあったそうです。



小木さんがこの美術館は「わかりやすくていい」と言っていましたが、

そのわかりやすさと親しみ安さが、多くの人を魅了するのでしょうね。


ここへ来ると心から癒され、その時その時で色んな気付きを頂けるのです。



ひろしま美術館が好きだ~とずっと言い続けていると、


大好きな原田マハさんがここで講演して下さったり、

レオナールフジタ画伯の絵が描かれたシャンパン飲む機会を頂いたり、


今回のように、大好きな番組に取り上げていただいたり、

私にとっては奇跡のように嬉しい出来事が続いています。


ありがとうございます!!



キルト人生の宿題として、ひろしま美術館の素敵な絵達をキルトにしたいのです。


もう2年も前に試作したものですが…

東京で学ぶうちに、ミシンで模写するだけでは物足りなくなってきて眠らせ中です。




色々模索しているうちにデフォルメバージョンが出来てきたり…




ゆっくりじっくり作りたいキルトです。


ひろしま美術館の絵達と向き合う時間は幸せな時間です。

スポンサーサイト

Comment

  • 2017/07/30 (Sun) 19:47
    もも吉 #SFo5/nok - URL

    annieさんこんばんは。
    ピカソとロートレック、左上は?モジリアニ?そしてフジタ?
    そしてその下は、オウム?
    東郷青児の図録読んでいたら藤田嗣治と
    競作した作品もあるみたいでした。
    同じ時代の人なんじゃね。
    同じ時代に生きていたんだと言うだけで
    なんか感動したよ。

  • 2017/07/31 (Mon) 10:13
    annie #- - URL
    No title

    ももちゃんおはよう!!

    せいかい〜〜。モジリアーニです!!
    フジタ画伯に、最後のやつは
    私のオリジナル^ ^ フジタ画伯の猫と裸婦を
    眺めてるうちに浮かんだものです。

    そうそう美術歴史をたどると、いろんなところで
    みんな繋がってるよね。現在のような
    情報社会じゃないにしても、いろいろみんな
    刺激しあってたんだろね。
    自分の中で点と点が繋がるととっても嬉しいよね!!

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する